配偶者の不貞行為が疑わしいとき

虫眼鏡

配偶者の行動がどうもおかしい、もしかしたら不倫をしているかも知れない、そんな疑念が頭をよぎったときはどうしますか。すぐに探偵を利用する事もできますが、それだけでは手がかりが少なすぎるため、追尾などを利用しているとあっという間に調査費用は膨れ上がってしまいます。福岡の探偵事務所が推奨していることは、もし、配偶者の不貞行為が疑わしい場合には、まずは日記を付けることが効果的であるといいます。なぜならば、配偶者の行動パターンに関する日記をつけることで、行動パターンを把握することができるからです。一見何ら関連性のないような行動であっても、に一気をつけているうちに行動パターンが出来上がってきます。その行動パターンを基に探偵事務所に依頼をすれば、それは確かな手がかりとなって調査に大いに役立つのです。すぐに調査を依頼したい気持ちをぐっと堪え、日記をつけたり、ゴミ箱に捨てられていたレシートを集めたりすることは役に立ちます。

証拠の手がかりが調査の効率化につながる

女性

探偵事務所に不貞行為の調査を依頼する時に持参したいのが、配偶者の行動パターンを記録した日記と手がかりになる証拠です。手がかりになるような証拠というのは、何気なく捨てられていたレシートやラブホテルのポイントカード、そして入手できるのであれば画像などがあると調査を遂行する上で有効に働くものばかりです。素人目線からでは、こんなものが一体何の役に立つのだろうというものでも、プロの探偵からすれば追尾や調査を行う際にとても役に立つものばかりなのです。それだけではありません。不貞行為の証拠の手がかりとなるものを福岡の探偵事務所に持参することで、調査の効率化を図ることができます。通常、追尾や調査には人件費や特殊な調査を行うため、人件費などがかかります。金銭的に余裕があれば別ですが、1回の追尾を依頼するだけでもけっこうな金額がかかってしまうのです。そこで、証拠集めを予めしておくことで行動パターンが出来上がることから、行動範囲も限られてきます。そのため、追尾を効率的に短期間で投入することができることから、浮気調査にかかる費用を抑える事が可能となるのです。不安にかられて闇雲に探偵事務所に浮気調査を依頼するよりも、まずは落ち着いて証拠集めをし、手がかりが集まったところで浮気調査を依頼すれば、費用を抑えつつ計画的に浮気調査を行うことができるのでとても効率的なのです。

広告募集中